MEN's HOLIDAY

働くオトコのWEBマガジン

あの人は今 スポーツ

アジジ(元サッカーイラン代表)の現在

投稿日:

 

コダダド・アジジの活躍。

 

【イラン代表での活躍】

1992年から2005年までイラン代表でFWとして活躍していた人物。

小柄な身長ながらもガッチリとしており、力強く素早いドリブルが特徴的。

アリ・ダエイとの凸凹コンビは驚異的でしたね。

 

1996年のAFCアジアカップでは、アジジの活躍もありイラン代表は、第3位に入賞しています。

アジジは、個人でもMVPを受賞しています。

 

同じ年アジジは、イラン人として初のアジア年間最優秀選手賞を受賞しています。

アジジの次の年の受賞者は、「中田英寿」でしたね。

 

オーストラリアとの行った2試合のすべての得点に絡み、1998年のワールドカップでもすべての試合に出場していました。

 

1998年までイラン代表としてその驚異的なドリブルを見せつけていたアジジですが、1999年にはサッカー協会の関係が悪化してしまいイラン代表に呼ばれないという時期もありました。

 

ですが、やはりアジジの力が必要になったのかAFCアジアカップ2000には出場していて、2006年のワールドカップ・アジア予選にもベンチに入っていました。

 


 

【クラブ】

1988年から【FCアブーモスレム】でサッカー選手として活動し始めたアジジ。

1997年までイラン国内のチームで活躍していましたが、同年からアリ・ダエイとカリム・バゲリと共にブンデスリーガに行き、アジジは【FCケルン】に移籍しています。

 

ブンデスリーガでイラン人初の選手の一人として活躍し、3シーズンプレーしその後は、アメリカに移籍。

そして、オーストラリアに移籍と世界各地のクラブを渡り歩いています。

 

2005年に再びイランのクラブに戻ってきましたが、翌年2006年にイランの【ラーフ・アーハンFC】を最後に現役を引退しています。

 

 

 

アジジ作戦。

 

アジジと言えば、1997年のフランスワールドカップ第三代表決定戦(ジョホールバルの歓喜)で見せた車椅子事件が有名ですね。

日本とイランの試合で当時日本にとって脅威であったアジジが試合前日に報道陣の前に車椅子で登場し、さも試合には出ないようなそぶりを見せていました。

しかし、翌日の試合のスタメンにしっかりと入っていて何食わぬ顔でプレーしていた。

 

結果的には、フランスワールドカップ第三代表決定戦は日本が勝利していますが、アジジに得点を決められ苦しめられました。

 

動画は、ジョホールバルの歓喜と呼ばれる試合です。

*出典元:youtube

 

今では【アジジ作戦】と呼ばれており、2012年にはサッカー五輪日本代表がFWの永井が準々決勝のエジプト戦で負傷退場し、次の試合は厳しそうと関塚監督が言っていましたが・・・試合当日、永井はスタメン。

 

日本もアジジ作戦を使っていますね。

 

さらに、2016年ではイラクがサッカーU-23日本代表との試合にエースストライカーが出場できるかわからないと言い、アジジ作戦を使っていました。

 

フランスワールドカップ第三代表決定戦でアジジが出場しないと報道したのは一部のメディアだけで出場しないと信じていたのは一部のサポーターだけだったみたいです。

 

当時、日本代表を務めていた岡田監督や日本代表の選手、サポーターのほとんどが嘘だと見抜き相手にしていなかったようです。

 



 

現役引退し、監督の道へ。

 

2006年【ラーフ・アーハンFC】を最後に現役を引退したアジジ。

現役引退後は、アジジがサッカー選手として生活を最初に始めた故郷のクラブチーム【FCアブーモスレム】のテクニカル・ディレクターに就任しています。

 

2006年の12月に【FCアブーモスレム】の監督になり、2007年の10月まで監督として手腕を振るっていました。

 

2008年からは【パヤーマ・マシュハド】の監督に就任しましたが、半年で退任。

2009年には【エステグラル・アフヴァーズ】の監督に就任するも3ヵ月という短さで退任しています。

 

選手として成功したアジジでしたが、監督としてはあまり功績を残せていませんね。

 

 

アジジの現在。

 

監督として活躍できていないアジジ。

2009年に再び故郷の【FCアブーモスレム】戻り、クラブの議長顧問として活動していました。

20011年には再び【FCアブーモスレム】の監督に就任しましたが、2012年に監督を辞め【FCアブーモスレム】からも去っています。

 

2012年に【FCアブーモスレム】の去って以降、3年ほど活動が確認できていませんが、2015年には【シャーダリ・ダブリーズFC】というチームのクラブマネージャーに就任しています。

 

【シャーダリ・ダブリーズ】は、サッカーだけでなくバレーボール、サイクリングロード、バスケットボールのチームを持っているクラブです。

そこのクラブマネージャーなのでクラブ全体の経営管理やクラブの財務状況、会員数などクラブの全体的な経営を行っていたようです。

 

【シャーダリ・ダブリーズFC】のクラブマネージャーとして落ち着くのかなと思ったら、2015年の7月に辞めていました。

 

その翌年の2016年10月からは、【Siah Jamegan】というチームの監督に就任しています。

【Siah Jamegan】は、イランのマシュハドに拠点を置いているチームで2011年に始動し始めたチームです。

アジジは、2016年の10月から監督に就任していますが、2017年の2月には監督を辞めていました。

*出典元:Wikipedia

【Siah Jamegan】を最後に現在は、監督として活動していないようです。

しかし、現役を引退し監督になってからは短いスパンでいろいろなチームを回っています。

活動していない期間が長く空いても3年なので、すぐにどこかの監督に就任していきそうですね。

 

選手として行った【アジジ作戦】を今度は監督として使ってほしいですね。

かつて一緒にプレーしていたアリ・ダエイは、サッカーイラン代表を2008年~2009年まで率いていたのでアジジがイラン代表を率いる日が来るかもしれません。

 

そうなることを期待したいです。

 

 

-あの人は今, スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

加藤大(ダイエット成功者)の現在!

  加藤大とは   1977年生まれの北海道出身のおデブちゃんです。 サッカー選手の方ではないです。。。   身長188cm、体重はなんと272kgでした。 2001年に …

岡田武史(日本代表監督を2度務めた名将)の驚きの現在!

    岡田武史とは *出典元:Naverまとめ サッカー日本代表の監督として有名な岡田さんですが、幼い頃には野球少年でした。 かつて大阪市に拠点を置いていた【福岡ソフトバンクホー …

ヒステリックブルー(ヒスブル)ボーカルtamaの現在。今は昔よりも・・!!

  Hyteric blueとは、Tama・たくや・ナオキで結成された3人組のロックバンド。 1997年にTamaとたくやが4人組のバンドで城天(大阪城公園前ストリート・ライブ天国)などで活 …

小比類巻貴之(K-1選手、キックボクサー)の成功している現在

K-1ファイター小比類巻とは? *画像引用元:日経ビジネスオンライン 小比類巻(こひるいまき)貴之 1977年生まれ、現在はアラフォーとなりましたが、格闘技が全盛期であった2000年代、同じK-1ファ …

マーク・クルーン(元巨人・横浜)投手の驚きの現在

マーク・クルーンとは? 1973年、アメリカのニューヨーク州生まれの元野球選手。 本名はマーク・ジェーソン・クルーン(Marc Jason Kroon)。 日本では横浜ベイスターズ(現在のDeNA)と …