加茂周(予選途中で解任されたサッカー日本代表監督)の現在!

 


 

加茂周とは

*出典元:評価 de ランキング

兵庫県出身の元サッカー選手で1994年にはサッカー日本代表の監督にも就任した人物です。

高校生からサッカーを始めており、高校時代にはサッカー部に指導者がいなかったことで自分たちで練習メニューや戦術を考えていました。

さらに、遠征なども自分たちで手配しないといけないというあまり恵まれた環境とは呼べない状況でした。

高校卒業後は、浪人生活を経て、『関西学院大学』に入学し、大学1年目はサッカー部に所属していませんでしたが高校の先輩の誘いもあり、2年生からサッカー部に入部しています。

大学卒業後は、安達貞至の誘いを受け、セレッソ大阪の前身の【ヤンマーディーゼルサッカー部】に1964年に入団しています。

1966年まで選手として活躍していましたが1967年にはヤンマーディーゼルサッカー部のコーチに転身し、1972年にはチームをJSL1部の初優勝に導いています。

1974年には、日本人の指導者では初めてのプロ契約監督として横浜F・マリノスの前身の【日産自動車サッカー部】の監督となっています。

監督就任当時は、神奈川県リーグに所属していた日産自動車サッカー部を1977年にJSL2部に上げ、1979年にはJSL1部へと導いています。

その後、2部降格なども経験していますが、翌年には1部に復帰させています。

さらに、1983年には天皇杯で優勝という成績を残しています。

翌年には、日本代表の監督になるという話も出ており、本人もやる気に満ち溢れており、日産自動車サッカー部の総監督を退任していますが結果として日本代表の監督にはなっていません。

その後、1985年に再び日産自動車サッカー部の監督に就任し、直後に行われた天皇杯で優勝しています。

長谷川健太やオスカーなどの戦力を獲得し、JSL1部、JSLカップ、天皇杯の三冠を達成しています。

1990年には【全日空サッカークラブ】の顧問に就任していますが、1991年から1992年のシーズンには監督に就任しています。

当時は、ACミランのようなコンパクトな戦術を目指していました。

1992年には全日空サッカークラブが【横浜フリューゲルス】というプロクラブになり、1994年には鹿島アントラーズをくだし、天皇杯で優勝を果たしています。

ちなみに、加茂周さんは4人兄弟の三男で長男はGKとして日本代表に選出されるほどの実力を持っています。

さらに、弟は【サッカーショップKAMO】で有名な加茂商事の代表取締役を務めている人物です。

 



 

日本代表監督へ就任

前監督のファルカンが辞任したことで1994年から日本代表の監督に就任しています。

ファルカン監督の時にコミュニケーション不足という問題が上がったことでオフト監督、ファルカン監督と外国人監督が続いているなか日本人の加茂さんが監督に就任しています。

11ヵ月という契約期間で横浜フリューゲルスでも行っていたゾーンプレスなどの戦術を浸透させていきました。

若手選手が中心的に起用されていたファルカン監督とは違い、ベテラン選手を中心にチームを編成し、徐々に若手選手を起用していきました。

1995年には契約終了を前に次の監督を誰にするかとサッカー協会が揉めていましたが契約が延長されています。

1996年には、AFCアジアカップで準々決勝で敗退してしまっています。

翌年1997年に始まったFIFAワールドカップ予選では、1勝1敗2分というワールドカップ出場が厳しい状況になってしまったため、予選の途中で監督を辞任しています。

 

 

加茂周の現在

予選の途中で監督が代わるという史上初のことを起こした後、1999年にはアルビレックス新潟のアドバイザーに就任しており、同年7月には京都パープルサンガの監督に就任しています。

ですが、成績不振により翌年の2000年に監督を解任されています。

2001年には、尚美学園大学サッカー部の総監督になり、2003年には大阪学院大学サッカー部の総監督に2007年には関西学院大学体育会サッカー部の監督になり、2010年には総監督になっています。

その後はサッカー解説者としてテレビに登場しており、2017年には日本サッカー殿堂入りを果たしています。

*出典元:Goo ブログ

ワールドカップ予選で監督を辞任という結果に終わってしまった加茂さんですが今もなおサッカーに関わっていますね。

2017年に日本サッカー殿堂入りを果たしていますし、現在では、監督などではなく日本代表の試合の評価などをしています。

たくさんのチームでの監督を務めてきた加茂さんですが、現在もサッカーに携わっていました。

監督としてはもう活動することは無いかもしれませんが、解説者として活動していたので今後もテレビで見れることを期待したいですね。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る