スポーツ

地元で伝説の野球選手となった超人の話~その1~

投稿日:

これからお話しするのは実話である。

 

私の地元にはUさんという伝説の野球選手がいる。
野球選手と言っても早くに引退しているが、Uさんは40歳になった今も野球人というイメージが強すぎて、野球選手と言わざるを得ない。

Uさんはあまりに伝説のため、本人の名誉も考えて都道府県は分からないように記述したい。

 

Uさんは地元のソフトボールチームのエースで4番バッターだった。
小学生にして170cmを超え、耳たぶまで筋肉が詰まっていそうな、完成されたアスリートのようである。

ソフトボールでありながら80m弾を連発するようなパワーを持ち合わせ、投げれば時速90㎞に迫ろうとする剛速球を放り込む。
目測が正しければ、カーブとチェンジアップも投げていた。

とにかく将来有望というよりも、バケモノもしくは超人という表現が正しい選手だった。

 

Uさんの名前はその地域だけにとどまらず、5年生の時から県内で知れ渡っていた。
小学生にして高校生の優良な選手に引けをとらないレベルまで達していた。

小学校6年生になる頃には、ほとんどの大会で敬遠されるため、監督は打順の組み方には神経をつかったことだろう。

 

この記事のタイトルを見てここまで読むと、その後が伝説になっていると思うかもしれない。

Uさんは小学生にして伝説だったのである。

 

Uさんは母親に女手一つで育てられた子供だった。
母親も周囲が期待する以上にUさんの将来はプロ野球選手、いや、メジャーリーガーか?と毎日のように期待していたに違いない。

しかし、Uさんは幼いころから気性が荒かった。

これは、対戦相手のS氏から聞いた話だ。
ショートで1番バッターのS氏は、ある大会でUさん率いるチームと対戦することになった。
S氏はもちろん、誰もがUさんの存在を知っていて、お互い小学生でありながらS氏はプロ選手と対戦するような感覚で試合に臨んだ。

Uさんに対しては当然、敬遠策で試合を進めた。
S氏のチームのピッチャーも、そこそこではあるが注目されていたピッチャーだったため、Uさんとの勝負を避けることで試合終盤までお互いに点数が奪えないまま展開する。

0-0で迎えた最終回だった。

相手のその日数本目のヒットと味方のエラーなど絡んで満塁でUさんを迎えてしまう。
当然、敬遠すれば負ける。

S氏のチームのピッチャーは、本心はU氏と対戦してみたかった。
こんなドラマティックな展開でそれは実現したのだ。

 

ここで「満塁ホームラン」となれば、Uさんは英雄なのだが、結果は違った。

なんと、Uさんは三振してしまった。

それまでの連続する敬遠もそうだが、もともとS氏のチームの保護者達もUさんの凄まじさは知っていた。
そのため、Uさんから満塁のピンチで三振を奪ったことで、S氏チーム側の応援スタンドは天下を獲ったかのように狂喜乱舞した。
めったに勝負してもらえないのに最高のシーンで三振を喫してしまったUさんの怒りは、喜び狂っているスタンドからの声援を聞いて最高潮に達してしまう。

 

そこでUさんの最初の伝説が生まれることとなる。

 

ソフトボールの金属バットをS氏チームの応援スタンドに向けて放り投げたのだ。
(もちろん小学生のソフトボールの大会なので、スタンドには防護ネットなどなく、芝生になっているような感じ)

ボールではなくバットをスタンドインさせたのだが、幸いにもけが人はなく事なきを得た。
しかし、けが人がいたかどうかの問題ではなく、スポーツマンシップの精神をもっとも教育されるべき小学生の選手が、一歩間違えると大きな怪我をしてしまうような暴力的な行為はあまりにも信じがたい光景だったという。

その行為を目の当たりにしていたUさんの母親は号泣。
泣きながらもUさんをスタンド側に呼び寄せて頭を掴んでお辞儀をさせようとした。

するとUさんは母親の手を振り払って胸倉を掴み、高く突き上げた。

それを見た周りがUさんを制止し、試合は中断。
S氏は試合の結果は覚えていなくとも、その一連のUさんの愚行を鮮明に覚えているという。

 

実はUさんにはそんなエピソードは数え切れないほどあった。
もともとは敬遠されるだけで荒れ狂い、何度も試合を中断させていた。

 

バケモノとは、実力だけで呼称されるべきものではない。
こういうエピソードがあってからこそ、バケモノと言われるべきものだ。

 

そんなバケモノは中学に進学するとソフトボールから野球を始めることとなる。

中学でも超有名人だったUさんは、全国各地の強豪高校からオファーが殺到した。

 

 

地元で伝説の野球選手となった超人の話~その2~へ続く。

-スポーツ

執筆者:

関連記事

【サウジアラビア戦】選手の採点(W杯最終予選2017.9.5)日本0-1サウジ

2017年9月5日(日本時間9月6日2:30~)サウジアラビア戦 試合前 日本は勝ち点20、2位のサウジアラビアは勝ち点16の状態。日本はW杯本戦への出場が決定している状態です。 日本のホームでの対戦 …

カニで釣れる魚まとめ【全国版】(カニの付け方と種類)

ルアーやワーム、エギなどを使って釣りをする人はたくさんいますが、どうしても釣れない時ってありますよね。 そんな時に隣で餌釣りしながらたくさん上げている親子などを羨望の眼差しで見ることは釣り人なら誰でも …

地元で伝説の野球選手となった超人の話~その2~

地元の中学野球部でも活躍していたUさんは、全国の強豪高校から特待生として入学しないかというオファーが殺到した。   しかし、Uさんはどうしても行きたい高校があった。 PL学園だ。 &nbsp …

田中真美子(日本女子代表バスケットボール選手)が可愛い!

早稲田大学バスケットボール部の田中真美子 女子ユニバ日本代表にも選ばれた田中真美子選手。 身長180㎝の長身で、早稲田大学ではセンターを務め、精度の高いシュートやブロックなどが特徴的な選手です。 *画 …

チヌ(黒鯛)、アジ、サバ、キスの締め方、捌き方まとめ

  チヌ(黒鯛)の捌き方   *出典元:Youtube ①.うろこ引きでうろこを尻尾の方から引いていく。 腹ビレの近くのうろこは小さいので丁寧に引くこと。   ②.エラの …